翡草庵日乗

地方中核都市に引っ込んだ文化的半自給自足主義者の日々の雑事記

20190928

f:id:catastropheca:20190928202711j:plain

玄関飾りを変える。

 

画:森公挙筆「秋の幸」

花:不詳貰い花

花器:不詳備前銅鑼鉢

 

画の作者森公挙は師事した山元春挙の師匠である森寛斎の孫にあたる。春挙も気苦労が多かったのではないかと思う。

 

画の松茸などは凡円山派の基本通りのもので、能く描けていると思う。落款印章が春挙ならそう信じてしまうだろう。

 

6月に新規で買った個別の小型株が2倍になった。利喰ってなんぼなのだが、数年分の費えにはなるだろう。税金の関係もあるし、当面利喰う予定はない。2倍程度で終わる株とは思ってないのである。