翡草庵日乗

文化的半自給自足生活を旨とする地方中核都市に引っ込んだアラ40男子の日々の雑事記

20190817

f:id:catastropheca:20190817083307j:plain

玄関飾りを変える。

 

画:広田百豊筆 「金魚之図」

花:野咲金水引、不詳野咲君子蘭擬き

花器:不詳京焼風黒釉掻き落とし舟型花器

 

画の作者広田百豊は竹内栖鳳に師事して四条派を修めた。花鳥図を能くした北陸の画家である。特に金魚を描かせると上手い。金魚と言うと土田麦僊の剽軽な金魚が有名だが百豊の真面目な金魚も一見の価値がある。

 

花は立秋を過ぎていよいよ金水引の季節となった。毎年金水引を生ける頃にはその年の盛りを超えたような気がして寂寥感がどこかわからないところから横溢するのである。もう一つの花は形状から凡君子蘭の類だろうが詳細を知らない。

 

そろそろ海川両方で釣りを再開しようと思う。