翡草庵日乗

地方中核都市に引っ込んだ文化的半自給自足主義者の日々の雑事記

20190804

f:id:catastropheca:20190804161801j:plain

玄関飾りを変える。

 

画:北上聖牛筆「潮の香」

花:鉢植咲薔薇

花器:不詳備前手付桶花入

 

 

いよいよ夏本番であるが昨年に比してかなり過ごし易い。庭木のやれ具合もかなりましだと思う。

 

画は北上聖牛筆で磯を打つリズミカルな潮と集う海鵜がコミカルな一幅である。季感に乏しいが夏掛けだろうと思う。

 

花入は備前の作者不詳なのだが、郵便事故に遭って無料になったものを繕って使っている。

 

相場は何となく空売りのコツも掴めてきて、6月の負け分を取り返し売りでも利益がでるようになった。買いはじっくり持って売りは一周間から一月くらいのスイングで取るようにしている。利益としては8:2で買いの方が多いが売りで日銭が稼げるようになれば有難いことである。