翡草庵日乗

地方中核都市に引っ込んだ文化的半自給自足主義者の日々の雑事記

20190709

f:id:catastropheca:20190707132145j:plain

玄関飾りを変える。

 

画:山本紅雲筆 「夏の夕」

花:公園咲ハラン

花器:金屋五郎三郎銅製霊芝脚薄端

 

ついにハラン一種生けの季節となった。花が無いのである。

 

画は山本紅雲で梅雨のこの時期ピッタリの一幅である。

 

俳句ポスト365でまた並選を得る。兼題は罌粟坊主。選者はおそらく意味を解していない。

 

 

九つの淡き脱帽芥子ボウズ

 

 

草翡