翡草庵日乗

地方中核都市に引っ込んだ文化的半自給自足主義者の日々の雑事記

20190523

f:id:catastropheca:20190523113428j:plain

玄関飾りを変える。

 

軸:北上聖牛筆「波燕之図」

花:残仏花小原流写景盛自然本位風

花器:不詳瀬戸藁灰釉石皿

 

ZOZOの社長が金回りが悪くなってコレクションを売りに出したそうだが、これはかなり恰好悪い。絵画の趣味が変わったのなら別段、買ったコレクションを手放すというのは蒐集家としては自分の過去の評価を否定することになる。金に困ってとなると猶更で僭称の誹りを免れ得ないからである。

 

彼のコレクションの一幅を売って日本画を買えば大観や御舟でも10幅くらい買えるのではないか。油絵が嫌いなわけではもちろんないが、花や他の調度との組み合わせた空間芸術の一要素として絵画を観れば、日本画の方が美しいと思う。