翡草庵日乗

地方中核都市に引っ込んだ文化的半自給自足主義者の日々の雑事記

20190415

f:id:catastropheca:20190414193418j:plain

先日の昼の御膳である。

 

お品書;

キャベツと茗荷と玉葱と人参と鶏胸肉のバジルサラダ

スパゲッティ・ボロネーゼ

 

酒:シャトーロックブリュンヌ・ボルドー2016

 

器;

大和保男造萩粉引御本櫛目文撫四方鉢

市野陶山造丹波黒海鼠釉輪花鉢

 

酒器:不詳葡萄文エッチングクリスタルワイングラス

 

ボロネーゼのようなラグーソースはオリジナル黄粉タリアテッレとの相性が良さそうで良くない。黄粉の豆臭さが挽肉の肉臭さと喧嘩するのである。よってラグーソースは力まず市販の乾麺でいこうと思う。

 

器は新たにラインナップに加えた丹波で市野陶山の鉄黒海鼠釉鉢である。これもパスタ、カレー、サラダと汎用性が高く今後重宝するだろう。