翡草庵日乗

文化的半自給自足生活を旨とする地方中核都市に引っ込んだアラ40男子の日々の雑事記

20190213

f:id:catastropheca:20190213194557j:plain

先日の昼の御膳である。

 

お品書き;

大根と人参と玉葱と茗荷と大葉とキャベツと縮緬雑魚のカリカリサラダ

地産ママカリのアーリオアーリオ

牡蠣と法蓮草のペペロンチーノスパゲッティ

 

酒:フロンテラ・シャルドネ・チリ

 

器;

不詳備前桟切片口鉢

廣政毅造呉須鉄麦藁手俎皿

菊楽造灰釉鉢

 

酒器:不詳山葡萄文エッチングワイングラス

 

ペペロンチーノで久々に乾麺を食す。牡蠣が余って、ベビーホタテが足りない。一頃に比してベビーホタテの価格が高値安定化してしまった。食材として流通し始めた頃は誰も手を出さず激安で助かったものだが最近は割安感はすっかり失せてしまった。

 

鉄呉須の麦藁手は買った時はどうかなと思ったけど、今はこの濃い鶯色の鉄絵の方が古典的な麦藁手よりも気に入っている。特に俎のような横長の更にボーダーで入ると呉須との相性が良く爽やかでありながらどこか侘びている。