翡草庵日乗

地方中核都市に引っ込んだ文化的半自給自足主義者の日々の雑事記

20190212

f:id:catastropheca:20190211155244j:plain

先日の昼の御膳である。

 

お品書き;

キャベツと人参と大根と茗荷と大葉と鶏胸肉のバジル焼のサラダ

ブロッコリーと牡蠣のボンゴレロッソ自家製麺手打タリアテッレ

 

酒:フロンテラ・シャルドネ・チリ

 

器;

加藤敬也造彩黄釉櫛文撫四方鉢

阿漕窯造鉄灰片身替輪花鉢

 

酒器:山葡萄文エッチングワイングラス

 

 広島産生牡蠣150gのパウチを一本60円で調達して10本冷凍させたストックがまだ3本あるので豪華牡蠣のボンゴレロッソとあいなった。いつもいつも出来ることじゃないけど牡蠣とトマトソースも抜群の相性である。

 

さて白玉粉を混ぜた結果は初めてモチモチ感が出た。進むべき道は間違っていない。後は減糖質とモチモチ感との調和をどこで取るかのなので時間の問題だ。とりあえずもう10%白玉粉を増やして強力粉を15%減量し、黄粉を5%増やす。それで多分臨界点に到達するのではないだろうか。そして一晩寝かせるのが結構重要だと分かった。意外と短い道のりで半月も要しなかった。これからパスタもずっと自家製だ。