翡草庵日乗

文化的半自給自足生活を旨とする地方中核都市に引っ込んだアラ40男子の日々の雑事記

20190202

f:id:catastropheca:20190201223918j:plain

先日の昼の御膳である。

 

お品書き;

舞茸としめじとポルチーニと牡蠣のクリーム自家製麺手打ちフェトチーネ

キャベツと人参と玉葱と茗荷と大葉と豚ロースの冷しゃぶサラダ

 

酒:フロンテラ・シャルドネ・チリ

 

器;

阿漕窯造鉄灰釉片身替輪花鉢

大和保男造萩粉引櫛文御本撫四方鉢

 

酒器:不詳葡萄文エッチングワイングラス

 

今回麺の厚さが2mm設定だったのだけど、食感を楽しむならば2mmは細過ぎた。次回からは厚さは4mmとしてオリーブオイルを減らし、少し水を足してみようと思う。水分不足で麺生地を纏めるのに苦労したからである。水分を足して捏ねる時間を長めに取って腰を出してみようということだ。

 

正直に告白すればこの程度の味なら打たずに市販の安くて小ましな乾麺を買った方が楽で良い。まぁのんびり行きますか。