翡草庵日乗

地方中核都市に引っ込んだ文化的半自給自足主義者の日々の雑事記

20190124

f:id:catastropheca:20190123090021j:plain

先日の夕の御膳である。

 

お品書き;

福山産貰い物慈姑と豚バラ肉とバナエイ海老と椎茸の焼売

糸蒟蒻とパクチーと玉葱とバナエイ海老とアミエビと豚ロースの泰風冷しゃぶサラダ

バナエイ海老のフリッターオーロラソース

 

酒:眞露「麦のときめき」糖質50%オフ

 

器;

不詳ミニ蒸篭

麦波造鉄絵蟹文平皿

大和保男造萩粉引鉢

黒木泰等造青白磁輪花鉢

不詳やちむん三彩唐草文小鉢

 

酒器:長楽窯造大樋飴釉筒湯呑見立

 

泰風糸蒟蒻冷麺と言うか冷しゃぶサラダは茗荷out玉葱inでさらにフィットネスが上がった。あっと言う間に完成形の美味さである。夏は更に重宝するだろう。バナエイ海老のフリッターオーロラソースブラックタイガー海老フライタルタルソースと甲乙付け難い。ポイントは海老フライより一回り小サイズの海老にすることだ。

 

器は大和保男の粉引鉢とやちむんの三彩の取り皿。県の無形文化財クラスでも菓子鉢は安い。先日宇田川抱青の木葉鉢の優品が売りに出た。2万出す気があればひょっとしたら買えたかもしれない。宇田川抱青の優品を2万で買えるなら安い。通常考えられないが菓子鉢ならあり得る。これが酒器なら10万オーバーだろうが菓子鉢ほど使い手を選ぶ器も無いのである。2万出せるかと言えば出せる。だけど、見送った。なぜなら宇田川抱青の菓子鉢にカレーをよそったりパスタを盛ったりすることは出来ないからである。きっと5000円で買えても出来ないだろう。それが宇田川抱青という物故作家に対する僕のリスペクトなのだ。日々の器に出来ない器に2万円は払えない。それが僕の器選びの流儀である。

 

やちむんの三彩は良い色味で7-8寸のものを安く探すのはなかなか骨が折れる。と言ってプロパーで買う気はしない。根気強く待つ。それも楽しいものである。