翡草庵日乗

文化的半自給自足生活を旨とする地方中核都市に引っ込んだアラ40男子の日々の雑事記

20180914

f:id:catastropheca:20180914062655j:plain

先日の夕の御膳である。

 

冷奴

豆腐とワカメの味噌汁

自家栽培野菜のポテトサラダ

芦田川産天然鮒のフライ・タルタルソース

白米

 

器;中里一峯造朝鮮唐津六寸輪花高皿、中里一峯造鉄絵唐津五寸鉢、不詳斑唐津風藁灰釉片口、自作粉引き金継飯椀、不詳沈金蒔絵塗り椀

 

フナはフライにすると「美味い白身魚」という抽象化された存在に昇華して、ネガティヴな点は特徴的な小骨があるくらいで味は鱈より美味い。総じて淡水魚は油との相性が良いけどフナの場合身が淡泊な分天婦羅よりフライにしてタルタルソースの濃厚な味と良く合う。

 

こうなると鯉も食べてみたくなる。ちょっと試してみたいアイデアがあるのだ。新しいポイントは水面との段差がないのでランディングし易い。前回ラインを切られたモンスタークラスの野鯉を仕留めたい。